第4回大間原発反対現地集会

チラシ画像
チラシ(A4横版、PDF283KB)
 大間原発は、2008年4月に国から原子炉設置許可が出され、同年5月に事業者である電源開発(株)が建設工事を開始しました。2011年1月20日現在の進捗率は33%と公表されています。計画では、2013年12月に試運転開始(燃料装荷)、2014年11月に営業運転開始の予定です。
 わたしたちは、2008年から「大間原発反対現地集会」を、大間原発の炉心予定地から約300メートルの所にある「あさこはうす」で行なってきました。「あさこはうす」は、「大間の海は宝の海」と語り土地を売ることを拒否し続けた故熊谷あさ子さんが建てたログハウスです。炉心のすぐそばに未買収地がある にもかかわらず、国は許可を出し、電源開発(株)は工事を進めています。また、大間原発には、建設地付近の海底に長大な活断層が存在する可能性が指摘され ていたり、近傍には活火山もあります。世界初のフルMOX原発であることや毎秒91トンの温排水が及ぼす津軽海峡への影響等も懸念されています。
 2010年9月六ヶ所再処理工場は完成時期を2年延長しました。同年10月には、MOX工場の着工がありましたが、国のプルトニウム政策からすれば、大間原発を止めれば六ヶ所核燃サイクルは止まり、六ヶ所を止めれば大間原発を止めることもできます。
 ドイツでは、完成していた高速増殖炉の炉心崩壊事故を否定できないとして燃料を入れる前に廃止し、遊園地にした例があります。大間原発もまだまだ止められます。5月21-22日は、本州最北端の大間町に集い、大間原発にNO!を。

 また、「大間原発反対現地集会」と同時開催の「大MAGROCK」にもぜひご参加下さい。

第4回大間原発反対現地集会
2011年5月22日(日)11:40〜13:20

大MAGROCK vol.4
5月21日(土)正午〜22日(日)夕刻
(前回まで集会の前後に行われ好評を得ていたPEACE LAND主催の現地野外ライブ「MAGROCK」が、今回より成長発展して2日間に渡って開催されます。詳細は『OhMAGROCKS』発行のフライヤー、サイトを参照してください。http://ohmagrock.greenwebs.net/

ところ
青森県下北半島・「大間原発」敷地内「未買収地」・「炉心予定地」近接「あさこはうす」

※集会賛同をお願いします。
個人一口1000円 団体一口3000円
口座番号 郵便振替 02260-9-125655
口座名  大間原発反対
※公表の可否をお知らせください。
5月15日確認分は当日配布資料に掲載。そして報告集、サイトに随時載せていきます。特に締め切りはございません。賛同金は「あさこはうす」敷地内のトイレなど施設維持費用にも使わせていただきます。

主催
大間原発反対現地集会実行委員会

呼びかけ
核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会(http://hankakunen.exblog.jp/
ストップ大間原発道南の会
PEACE LAND(http://peaceland.jp/

協賛
大間原発訴訟の会(http://ameblo.jp/ooma/

連絡先
大間原発反対現地集会実行委員会事務局(事務局長中道雅史)
青森中央郵便局私書箱17号
 TEL 080-6041-5089(阻止実携帯・中道)
 FAX 0176-53-6061(阻止実・山田)
 email hankakunen●gmail.com →●を@に変えて送信ください

★「大MAGROCKvol.4」に対するお問い合わせは、PEACE LAND/YAMさんまで。
  email yam●hi-net.ne.jp →●を@に変えて送信ください
  TEL 0178-22-3269

★尚、故熊谷あさ子さんの命日にあたる5月19日に「大間原発訴訟」の第2回口頭弁論が函館地裁で開かれ、同日夜には裁判報告と故熊谷あさ子さんを偲ぶつどいが函館で予定されています。

5.19については、大間原発訴訟の会(http://ameblo.jp/ooma/)を参照して下さい。

[チラシ]
A4縦テキストのみ PDF 172KB
A4縦イメージあり PDF 253KB
A4横イメージあり PDF 283KB

広告
カテゴリー: Info パーマリンク